焼肉のたれ!日本食研

日本食研株式会社/Nihon Shokken Co., Ltdはご存知ですか?コマーシャルなどでも良く見かける「晩餐館」という焼肉のたれ、あれは日本食研さんですね。「♪ばんさんかんかん ばんさんかん♪」って、「焼肉やいても、家焼くな♪」←これは古い?
調味料の製造、販売をしている会社「日本食研」さん、企業のキャッチフレーズは「味の作曲家」です。食文化を通して「しあわせ」を追求し、数々のヒット商品をうみだす日本食研さん。混合調味料(やきにくのタレ、ドレッシングなど)の出荷量日本一を誇る。2006年には愛媛本社に隣接して、中世ヨーロッパを代表するベルベデーレ宮殿をモチーフに最新鋭の設備を備えた「KO宮殿工場」を建設。建設費用は約80億円。工場内には一般の方のための見学用通路があり、「食文化を通して人々を楽しませ、しあわせにする」というポリシーや、「お客様に対するおもてなしの心」を発信する場としても活用されています。「KO宮殿工場」このお話が2ちゃんねるというサイトで書き込みがありまして、元社員の方、「宮殿の意味は?」とよく聞かれるが迷惑しているとのことです。迷惑というか、元社員だし、社長さんじゃないし、ほっといて欲しいですね。社長さんに直接質問できたらいいのですが。

宮殿が建ったのも1989年の 「晩餐館シリーズ」販売開始で知名度が上がり、売れ行きがいいおかげでしょうね。「晩餐館」シリーズ、「焼肉のたれ宮殿」「空と大地のドレッシング」など、数々のヒット商品で知られる日本食研さん。多くの得意先をまわり、毎日様々な企画を提案し続けている同社営業スタッフ。有望な社員に恵まれ(ぶっちゃけ出入りも多いとの噂ではありますが)ヒット商品をどんどん発売していくのでしょうね。ちなみに全国各地で、約1700名の営業スタッフが活躍されています。

有名な【晩餐館】シリーズをご紹介したいと思います。

・晩餐館焼肉のたれ焙煎にんにく
・晩餐館焼肉のたれ中辛口
・晩餐館焼肉のたれ甘口
・晩餐館ステーキソース黒胡椒
・晩餐館すき焼きのたれ
・晩餐館しゃぶしゃぶのたれごま
・晩餐館しゃぶしゃぶのたれポン酢
・晩餐館生姜焼きのたれ
・晩餐館やき鳥のたれ
・晩餐館塩コショー

日本食研株式会社 http://www.nihonshokken.co.jp/main.html
代表者 代表取締役社長 大沢一彦設立
1971年10月1日(畜産加工研究所)
本社所在地 〒799-1582
(愛媛本社)愛媛県今治市富田新港1丁目3番地
電話番号 愛媛本社 (0898)24-1881 (大代表)
(千葉本社)千葉県印旛郡栄町矢口神明3丁目1番地
千葉本社 (0476)95-8501 (大代表)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72657193

この記事へのトラックバック
芸能ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。